SimiTRY(シミトリー)に副作用はある?

SimiTRY(シミトリー)は「シミ・そばかす、乾燥小じわに効果あり!」という口コミで人気を呼んでいる薬用美白オールインワンジェルです。



美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」や注目の美白新成分「フラバンジェノール」を配合した医薬部外品ですが、副作用はあるのでしょうか?

いくら美白効果・シミ対策に効果的でも、危険な成分が含まれていたり、副作用やアレルギーの危険性があったら、使いたくないですよね。

SimiTRY(シミトリー)の全成分をチェックして、副作用の危険のある成分が含まれているかどうか、確認してみました!

>>SimiTRY(シミトリー)の詳細はコチラ

SimiTRY(シミトリー)の副作用リスクは低い

結論から言うと、SimiTRY(シミトリー)には、重篤な副作用の危険がある成分は含まれていませんでした。



肌にとって不要な成分は配合されていないSimiTRY(シミトリー)は、かなり優秀なオールインワンジェルと言えそうです。


商品の品質に自信を持っているSimiTRY(シミトリー)は、全配合成分を公式サイトで公開しています。

SimiTRY(シミトリー)の全成分は以下の通りです。

【有効成分】アルブチン
【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

アルブチンは安全な美白成分


アルブチンは、ハイドロキノン誘導体の別名です。

アルブチン(ハイドロキノン誘導体)は厚生労働省に認可された美白有効成分で、SimiTRY(シミトリー)が医薬部外品なのは、このアルブチンが配合されているからです。


ハイドロキノン誘導体と似た名前の成分に、ハイドロキノンがあります。この二つは、名前こそよく似ていますが、まったく別の成分です。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど強力な美白効果を持つ成分です。ハイドロキノンにはシミの原因となるメラニン色素の産生を抑制する効果があります。そのうえ、ハイドロキノンには、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)そのものを減少させる効果もあるのです。

美白効果が期待される成分には、ビタミンCやプラセンタなど、様々なものがあります。ハイドロキノンには、これらの成分の約100倍の美白効果があるといわれています。


ですが、ハイドロキノンは非常に強い成分のため、人によっては副作用が出る場合があります。肌に炎症や赤みが生じるリスクがあるのです。また、ハイドロキノンコスメを塗布した肌に紫外線を受けると、逆にシミが濃くなってしまう危険性も。

このように、ハイドロキノンは優れた美白成分でありながら、副作用のリスクが高いところがデメリットでした。


SimiTRY(シミトリー)に配合されるハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンのデメリットを克服した画期的な美白成分です。

ハイドロキノンが持つ美白効果を維持したまま、副作用のリスクを下げた成分がハイドロキノン誘導体なのです。

SimiTRY(シミトリー)は無添加・低刺激処方


SimiTRY(シミトリー)には、肌への刺激になりやすい「パラベン・アルコール(エタノール)・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・シリコーン」は配合されていません。

医薬部外品でありながら、無添加・低刺激処方を実現している薬用美白オールインワンジェルなのです。

この「7つのフリー」により、SimiTRY(シミトリー)の副作用やアレルギーのリスクはぐっと下げられています。

自然由来エキスへのアレルギーに注意!


SimiTRY(シミトリー)には、数多くの自然由来成分が配合されています。

特定の成分に対してアレルギーのある人は、配合成分や原材料を確かめて、安全を確認したうえで購入・使用するようにしてください。


SimiTRY(シミトリー)に含まれる主な自然由来成分は以下の通りです。

フランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール)
ビルベリー葉エキス
ユキノシタエキス
シア脂
カンゾウフラボノイド
N−ステアロイルフィストフィンゴシン(セラミド3)
オリブ油
スクワラン
天然ビタミンE

▼SimiTRY(シミトリー)の配合成分をもっと詳しく!▼


不安な場合はパッチテストを

危険な成分は含まれておらず、副作用のリスクも低いSimiTRY(シミトリー)ですが、全ての人に100%アレルギー反応が起きないとは断言できません。

これはSimiTRY(シミトリー)に限らず、全ての化粧品について言えることです。肌質や体質が一人一人異なる以上、どうしても副作用の危険性をゼロにはできないのです。

極度の敏感肌の人、アレルギー持ちの人、アトピー性皮膚炎の人などは、SimiTRY(シミトリー)使用前に皮膚科医に相談するか、パッチテストを実施するとよいでしょう。

パッチテストのやり方


パッチテストのやり方はとても簡単です!

肌を清潔な状態にする。

化粧品(適量)を二の腕の内側に塗る。

24時間様子を見て、腫れや赤み、痒みなどの炎症が起きていないかをチェックする。

二の腕のテストで異常が出なければ、フェイスラインなどでも同様のテストを行い、結果を確認する。

これらの手順を踏んで、肌に問題が起きなければ、その化粧品は使用可能であると判断してOKです。

パッチテストの途中で肌に炎症などの異常が出た場合、すぐに患部を洗い流してください。症状が重いようであれば、専門の皮膚科医の診察を受けてください。

▼SimiTRY(シミトリー)の詳細はコチラ!▼




>>SimiTRY(シミトリー)の口コミと効果を見る

11141